海軍壕公園

沖縄海軍壕公園

海軍壕公園は、那覇市の南西の豊見城岳陵にあり、東シナ海、南部市街地、首里城が展望できる位置にあります。首里王朝時代には、中国や薩摩からの船の入港を知らせる「ヒバンムイ」があった場所です。
また、第二次世界大戦末期には日本海軍の司令部壕がおかれ、激しい戦場となりました。
現在では、沖縄から世界に向けた平和を発信する戦跡公園として整備され、交流や憩いの場として、観光客はもとより広く市民に親しまれています。

【公園の種別】 地区公園
【公園の面積】 6.7ヘクタール

公園マップ

駐車場

  • ビジターセンター駐車場、メイン駐車場、サブ駐車場、団地側駐車場、お祭り広場駐車場、遊具広場側駐車場 (土日祝のみ利用可) を完備
  • 観光バスなどの大型スペース10台。身体障害者用スペース8台
  • 100台収容可能

公園ゲート・駐車場の開閉について

 OPENCLOSE
中央ゲート・東側ゲートAM 8:00PM 7:00
各駐車場車止めAM 8:00PM 9:00